和歌山の田畑の恵みをつめこんだ こだわりの食品を集めました
ご自宅用に 贈り物に
とっておきの「地元のもの」を見つけてください

 

I sell foods full of the blessing of nature in Wakayama.
Buy for yourself or as a gift.
Find the best local wakayama foods here.

 

::::::::::::::::::::::::::

 

shopでは和歌山のこだわり農家がつくる加工品の販売、

併設cafeでは店内にならぶ加工品を使用したスイーツ、ドリンクをお楽しみいただけます

 


 

おしゃべりマルシェ+野菜市=

◎作り手さんによるミニお話会 同時開催◎

 

ふだん店内で販売しているこだわりの加工品たち。

商品だけでなく、その作り手さんたちもまた個性あふれる素敵な方たちです。

 

いつもはくくたちを通して知って頂く商品の魅力を、作り手さんの口から聴いて頂くことで、作り手さんも丸ごと好きになってほしい。

そして作り手さんにも、あの人が食べてくれているんだと感じていてほしい。

これまでお客様、作り手さん双方と時間を過ごすなかで、芽生えてきた気持ちです。

 

直接お話をすることでできる安心感や信頼関係。そして相手への応援や感謝の気持ち。

そんな少しずつを積み重ねていく先に、よい暮らしの空間ができていくんじゃないかなという期待をこめて、月1回の定期マルシェを開催しようと思いました。

 

店主が朝イチで農家さんをまわり運んできた野菜や果物も並びます。

 

作り手さんと話してみたいけど何を聞いたらいいかわからないという方は、ミニお話会にもぜひご参加ください。

 

 

【今月の出店】

◎かんじゃ山椒園(有田川町/山椒加工品など)
ファームゆうき(岩出市/野菜など)
ほりぐち農園(みなべ町/梅加工品など)

 

◎→ミニお話会スピーカー


●日時
10月3日(日) 11:00~15:00

●場所
くくたち店舗前(屋外)

 

-------------------------

ミニお話会

 

和歌山県内のさまざまなジャンルの作り手さんに

「どんなお仕事をしているの?」

「どんなこだわりがあるの?」

「どんな使い方がいいの?」

「こんな話を聞いたけど本当のところはどうなの?」

など、少しゆったりとお話を聞ける時間です。

 

13:30~14:00頃

くくたち店内にて

予約不要

-------------------------

 

◆毎月 第1日曜日 開催(真冬・真夏はお休み)

◆直近の開催予定(状況により中止あり)

10月3日(日)

11月7日(日)

12月5日(日)

 

◆レジ袋有料です/マイバッグのご持参にご協力ください

◆各開催日の出店者やお話会スピーカーは、くくたちのHP、Facebook、Instagramでお知らせします

 

 


=くくたちの予約販売=

くくたちでは、事前にご予約頂き、指定の日にお受け取り頂く予約販売をしています。

予約受付のご案内は、くくたちメールマガジン内のみでのお届けです。

ご興味ありましたら、登録だけでもぜひどうぞ。

 

定期

 ○有機野菜 第2土曜・第4木曜

 ○放牧牛の牛乳 第1・3金土日曜

 ○平飼い卵 隔週

不定期

 ○季節の果物(梅、桃、みかん、いちご、いちじく、新生姜、わさびの花芽など)

 ○ジビエ(しか肉、いのしし肉)

 ○干物(アジなど)

 

【有機野菜の作り手】ファームゆうき(岩出市)

有機農法で季節ごとに様々な種類の野菜・ハーブを栽培しています。

いつも畑の野菜や土の様子をじっくり観察し、野菜たちがもつ力を引き出すよう、余計なものはやらない農業を心掛けている農家さんです。

そんなファームゆうきさんが、作る野菜はすごく素直な味。えぐみ、苦みがなく、野菜のよいところが素直に出ている味だと、私は思います。

 

【牛乳の作り手】黒沢牧場(海南市)

こちらは関西では一軒しかない「牛舎をもたない」牧場。

乳牛は山に放牧され、寝る、食べる(餌は90%が草)、出産でさえ、牛たちはそれぞれ好きな場所で行います。

そんなストレスフリーで育つ牛たちの牛乳は、なめらかでありながら濃厚。

衛生面に配慮した自社工場で低温殺菌されている点でも安心です。

 

【平飼い卵の作り手】とりとんファーム(龍神村)
とにかく鶏たちの健康をいちばんに考え、できるだけ広い鶏舎でエサにもとことんこだわり、鶏を育ててらっしゃいます。
特にエサは、遺伝子組み換えではない出所のわかる安全なものを集め、それらを自家配合し、発酵飼料にして与えています。飼料は発酵することで消化が良くなり、また微生物の力で鶏たちの腸内環境が整うのだそう。
確かに鶏舎を見学させてもらった際に、その糞などのにおいのなさに驚いたことを覚えています。
そんな鶏たちが産んでくれる卵は、きれいなレモン色の黄身。
クリアで、くさみのない味が特徴です。

 

【干物の作り手】比井崎漁協(日高町)

紀伊水道の真ん中を漁場とする日高町の漁協さん。

水揚げしたてを港内の施設で加工する干物は新鮮そのもので、しかも魚を愛してやまないスタッフが目利きをした確実なものしか商品にしないので、美味しさは折り紙付きです。

さらに加工にはみなべ町ほりぐち農園さんの梅酢を使用。魚の旨味が、さらに引き出されています。

 

【ジビエの作り手】紀州ジビエ生産販売企業組合(田辺市)

ジビエと一口に言っても野生のものであり、また捕獲状態がそれぞれ異なるため、お肉の品質には大きなばらつきがあると言います。

そんなばらつきをなくす為、こちらでは動物を仕留めるところから食肉となるまでの全てを、一貫して作業し管理。だからこちらのジビエは、まったく獣の臭みがなく、かたくないお肉なんです。

さらにイノシシ肉は脂身の甘み、シカ肉は赤身の旨味が感じられ、どちらも低カロリーで高タンパク、鉄分やビタミン類も豊富で健康にもうれしい食材。

おすすめはお鍋、焼き肉、すき焼きなど。

 

【季節の果物の作り手】

桃 はたの農園(海南市)

評価が高いながら希少な「高津の桃」。微生物がたくさんすむ栄養豊富な赤土で栽培しています。

 

紅南高梅 ほりぐち農園(みなべ町)

お日様の陽を浴び、実がピンク色に染まった紅南高梅。梅酒やシロップにするとコクのある深い味わいに。

非常に希少で、一般市場にはほぼ出回りません。

 

紅みかん わかやまマルシン園(海南市下津)

栽培が難しく全国的にも希少なみかん。濃厚な味が特徴です。完熟させ、いちばん美味しい時期にお届けします。

 

わさびの花芽&葉 松平農園(中辺路町)

春先のわずかな期間しか収穫できないわさびの花芽&葉。

中辺路の山と川の滋養が育ててくれた産物です。

 

新生姜 Vege like(那智勝浦町色川)

農薬を使わず有機質肥料で育てた露地ものの新生姜。10~11月にお届けする本来の旬の新生姜です。

 

【メールマガジン登録方法】

登録したいアドレスから、件名に「登録希望」と入力し、kukutachi.ma@gmail.comにメールを送信

→24時間以内に「登録完了」メールが届きます

 

 

 定休日    月、火、第2日曜、第4日曜

 営業時間     10:00~18:00

 駐車場    あり 【アクセス】ページにてご確認ください

 TEL         073-460-8137



◎くくたちメールマガジン◎
メルマガでは、月2回の有機野菜、牛乳の定期予約販売のほか、平飼い卵、季節の果物、ジビエ、干物の予約販売のご案内をしております。
すべて和歌山県産で、絶対の自信をもっておすすめするものばかりです。
またイベントのご案内もしております。
ご興味ありましたら、登録だけでもぜひどうぞ。

 

【ご登録方法】

登録したいアドレスから、件名に「登録希望」と入力し、kukutachi.ma@gmail.com にメールを送信

→24時間以内に「登録完了」メールが届きます。